読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Welcome to Sexy Zone

sz cd・dvd
Sexy Zone4枚目のアルバム。


-Welcome to Sexy Zone(Introduction)
セクセカのブラバンみたいなのが好きなので今回のも大好き。
なんかルパンっぽい。似てるとかじゃなくてそういう怪盗系のストーリーのテーマソングっぽい。
なんかコンサートが始まるところを想像してドキドキしてきちゃう。

-24-7〜僕らのストーリー〜
強そうな曲。好き。
勝利くんの英語の発音好き。Heartbeatとか。
24-7のvの発音でちゃんと下唇噛んでるっぽいところが好き。
健人くんの「立ち上がる瞬間にNever too late」っていうフレーズが好き。
好き好き言い過ぎw 語彙力のなさがひどいw

-Celebration!
試聴の段階で1番好きだと思った曲。せくぞんの春っぽい曲超好き。(コングラ、桜咲く、4Seasonsとか、あとレディダイも)(4Seasonsは4Seasonsって言ってるけどメロディーが春っぽい)
「C'mon everybody! Let's go!!」っていうセリフっぽいマリちゃんパートでハイピーとかノクノク思い出す。
ふうまくんの「そう寂しさぶっ飛ぶ〜Baby」にときめくからやめてほしい。

-Cha-Cha-Chaチャンピオン
チャチャチャもこの流れで聞くと明るいし元気が出る気がしてきた。元々嫌いではないよ。

-Love Confusion
安定の作詞作曲まつまかコンビ曲。
ちょっと大人になったせくぞんというところではカラアイと通づるところがある気がする。レディダイと同じ制作陣(作詞:松井五郎、作曲:馬飼野康二、編曲:船山基紀)だと思うと更に大人になった感がある。
でも「その唇をキラリとさせる月にさえも嫉妬しちゃう」というメルヘンさも兼ね備えているところがいいね!
サビ終わりが「〜しちゃう」という言い回しなのかわいい。
Aメロの入りふうまくんの歌い方めっちゃソフト〜!
耳馴染みが良いというか、聞いていて気持ちいい曲だ。

-Electric Shock
ふまけん。
曲順ぼんやりとしか把握していない状態で聞いてもイントロ流れ出した瞬間「こ、これはElectric Shockだーっ!!」ってわかった。
ふまけんでこんな痺れる曲好きしかないだろ。
でも「君のハートへアクセスするよ覚悟して」って歌詞ちょっとかわいいね。強引に踏み込んでくるんじゃなく予告してくれるんだ!みたいな。
「言葉はもういらない〜」で心臓握り潰されそうになる。
ふまけんの高音をあいしてる。
せくぞん担でいるにあたってふまけんの歌が好み、っていうのはほんと良かったな〜って割と常々思ってる。

-Last winter's night
勝利くんソロ。
最後の冬の夜=冬が終わって春が来る、ってそういうことなんだろうと思ってはいたけど、想像よりもどストレートな歌詞でびっくりした。
Electric Shock痺れる心臓握り潰されるゥとか思ってたらLast winter's nightで違う意味で心臓握り潰された…。
初めて聞いた時電車の中でぐすぐすいってる怪しい人になっちゃったよやめてよ…。
せくぞんや勝利くんを嫌いだなんて思ったことはないけど、好きにならなければ良かったって思ったことある私も同罪かしら…(´・ω・`)
せくぞんは悪くないよぉ。謝らなくていいんだよ。でも自分のこころを守るために離れたファンも悪くない、と思う。
こういう歌詞を書けるようになった現状が喜ばしいんだろうけどさ*1、そもそもが傷付くことなんてないように真綿に包んで…って言うかむしろもっふもふの羽毛に包んでおいてあげたかった。悩んだりするのはいいけど心を痛めることなんて知らなくて良いんだよせくぞんは…(モンペ)
急にこんな歌詞書くなんてずるいよ〜放っておけないだろ〜〜〜!!そうでなくても放っておけないけどさ…。
君が悲しむすべての要素を僕が奪うから〜♪って感じなんですよひとつも奪うことなどできないオタクだけど。
「また冬が来たとしても」って歌詞不安になるからやめてよーって思ったけど、考えたくはないけど万が一億が一また冬が来たとしたら、真っ先に壊れてしまうのは勝利くんかもしれないなぁというような、そういう危うさを感じる。
こないだPONを見ていてふと気付いたけれど、勝利くんのほっぺちょっと戻ったよね。痩けてない。だからか少し顔が幼くなったような気がする。表情もだし、髪型もあるだろうけど。5人になって自分ももちろん心底嬉しいんだけど、ほっぺ戻った勝利くんや密着のカラアイリリイベ後のコメントの勝利くんややたら5人アピールする勝利くんを見ていると本当良かったね…としか。話がめちゃめちゃ脱線した。
1000回の好きよりも1回の嫌いが消えないはちょっと寂しい、な。気持ちはわかるけれど。1回の嫌いなんて掻き消すくらいの好きを伝えられたらいいのに。
「謝るしか今の自分には出来ない」って「僕」だったら歌詞の中の主人公って感じがするのに「自分」っていうとほんとに自分(=勝利くん)っていう感じがして余計苦しい。
しかし「もう二度と言わせないよ」「僕らが消すから」ってかっこよすぎる。
長い上に重いアンド重い。

-Sweety Girl
聡マリ。
2人の声がめちゃめちゃやさしい。特にAメロBメロがなんか穏やかな気持ちになる。
聡ちゃん元々歌上手いからこれから色んな曲歌うようになったらどうなっていくのか楽しみ。
「絶対にキミを落としたい」とか「僕とデートだけでもしてくれないか」とかなかなかグイグイな歌詞なのに何故聡マリちゃんが歌うとこんなにも可愛らしいのか。

-Make my day
黒崎くん観てから、黒崎くんの気持ちだと思ってこの歌詞聞くとほんっとかわいい。狩りの件は意味わからないけど(笑)
カップリングなのにアルバムに収録されてる謎さはあるけどめっちゃ好き〜タイミングが違えば表題曲か両A面だったんだろうな。もったいない気もするけどカラアイはカラアイで良かったんだと思う。

-誰にも解けないミステリー
サビいいよね。
この曲主題歌に据えて左目探偵EYE的なミステリーやろう。
リアセクにしろカラアイにしろ目(瞳)がキーワードの曲多いな。
AメロでなんとなくTrophy思い出す。

-But…
ふうまくんソロ。
イントロで「あっこの曲好き」ってなってしまう曲。
加工された「You」が好き。
「One night」「Tonight」「Last night」「To love」という韻を踏むじゃないけど、似た音を持ってくるの耳に残りやすくて好き。

-Mr.Jealousy
健人くんソロ。
ふうまくんソロの系統もブレないけど、健人くんソロの毎回趣向を変えてくるところもブレないよね。えっこんな側面もあるんだ!?みたいな。これCANDYとかLove風と同じ人が歌ってんのかよしかも作詞もかよ嘘だろ…みたいな。
がなるみたいな歌い方の健人くんも好きだ。
サビ前の「アタマニキタ。〜」のとこが好き。
歌詞で「ガチふざけんな。」ってすごいな。
抱きしめたいのに拒絶されてるし伏し目がちに無視されてるしストーカーか?ストーカーの曲なのか??と思ったけど元カノに未練ありまくりな男の曲??もしかしたら付き合ってもいないけど振られた男かもしれない。ヒィ。
But…からのこの曲の流れ束縛感というか湿度がすごい。

-Easy come! Easy go! Easy love!
歌詞が割とまじで意味わからないけどかわいいからオッケー。意味のわからなさと明るさとポップさでこれまでの湿度が吹き飛ぶ。
この曲が頭に流れ出すと離れなくなって頭の中がパイでいっぱいになる。
勝利くんの「抱きしめていたいハイテンション」が好き。
意味わからないと思ってるのに「ここからSexy Zone 飛び出そうSafety Zone」かっこよくてずるいだろ。
大サビのふうまくんの声にときめくからやめてほしい。

-カラフルEyes
久保田洋司さん好きです(告白)
久保田さんとKomei Kobayashiさんには結構期待してしまうことが多い。作曲家ではSTEVEN LEEさんね。

-フレンド
イントロがテゴマス(ミソスープ)っぽい。
「柔らかくそっとぎゅっと」っていう語感いいな。
勝利くんの「呆れるほど一緒だった青春」で青春厨はばくはつする。

-無邪気な時間は過ぎやすく
ふまけんしょり。初回盤に収録。
サビいいよね。(2回目)
最初はさらーっと聴いてしまったけど何回も聴いているとめちゃめちゃ好きだ。
学生時代を思い出す社会人、っていう設定で聴いてる。

-New Day
けんしょり。通常盤&Shop盤に収録。
作詞:Komei Kobayashi、作曲・編曲:STEVEN LEEで私が好きじゃないわけないだろう。
なんか始まりがキスマイっぽいと思ったのはあれかな、祈り(和ver.)のイメージかな。あとでででんででんっ♪ってところが千ラブを彷彿とさせる。
「New Year」はJW仕様だったんだな。JW観たいな〜〜〜。
JWで披露するための曲だったからこの曲なんだろうけど、けんしょりユニット曲でこういう曲調なのは意外かもしれない。どちらかと言うとJWでやっていた君と…Milky Wayの方がイメージに近いような。
聴いているとJWとか2人の関係性の変化とか諸々に思いを馳せてけんしょりへの愛しさがばくはつする。
それにしてもJWはいつも良曲を提供してくれるな!コングラにしろそばにいるよにしろ桜咲くにしろまだ見ぬにしろ。ありがとうJW。

-You're the only one
ふまそうまり。通常盤&Shop盤に収録。
かわいいかよ。そしてマリちゃんの英語かっこいいかよ。
パフォーマンスが楽しみな曲。でもユニット曲って全部やるのかな…?今回のアルバム割と色んな組み合わせがあるよ!ってところ推してるしあるかなあ。
「君は君のままが綺麗で〜You're the only one for me!!!」っていいなあ。for meって付けることによって押し付けがましくない感じがする。
内側から勇気付けて元気付けてくれるような曲。でも3人がこの歌詞を書いたって思うといろいろと涙を禁じ得ないよ。

*1:過ぎ去ってからでないと書けないと思うから