読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信長協奏曲

映画「信長協奏曲」を観てきました。


観終わった後の気分はスッキリ!でいい感じなのだけど、色々突っ込み出したら止まらないというか。
指輪とかケーキはどこから出てきたの…だし、いくらいくら歴史音痴でも本能寺くらい聞いたことないのかなあ…って感じだし、現代に戻った後は戦国時代で過ごした分時が経ってるのか?って疑問だし(壁にスーツがかかってて社会人ぽかったから)そうだとしたら行方不明とかで大変だったんじゃ…とかとか。
現代に戻る、っていう結末はまあタイムスリップものであればある程度予想できる結末ではあるけれど、命を落としたと思ったら現代に戻ってたっていうパターンは何故だか私は予想してなかった。ので、おお、そうくるか…と思った。
途中でか、カッパww 河童wwwと心の中で草を生やしまくっていたらまさかの最後で河童が帰蝶からのメッセージ動画をサブローに届けるという重要な役目を担っていた。
帰蝶とはお別れもできたし動画も届けてくれたけれど、家臣たちとはお別れできなくて寂しかったよね〜〜〜しょうがないけれども。
犬千代ちゃんが相変わらずポニーテールぶんぶん振っていた。弟とか年下ポジの子が好きなジャニオタなので犬千代ちゃんすき。
それにしても帰蝶とサブローカップルはかわいいなあ。ラブラブすぎてちょっとは光秀(本物の信長)に気遣ってやれよと思ったくらい。
信長のシェフの時も思ったのだけど、こういう歴史物は歴史に詳しければもっと楽しめるんだろうなあ〜。
連ドラのラストで藤木さん殺されていたの記憶から抜け落ちていて冒頭のこれまでのストーリー見て地味にショックだった(笑)